ビットコインの投資について、いつの間にか資産が増えてました

私が仮想通貨を始めたのは本当に偶然、奇跡なようなものです。

BitMEXの運営するビットコインのATMの営業をやらないかと友人から打診があり。2016年5月になるのですが、当時私はビットコインは本当に詐欺まがいのモノだと感じておりました。それをまがい物ではないと証明するために友人はビットコインを私にくれました。当時のビットコインの価格は5万円くらいです。当時の5万円のビットコインのうちの0.1ビットイコインをくれました。現在では、それが10万円になってます。現時点で106万円です。本題に戻ります。私はそこでBTMの営業はすることはありませんでした。ただビットコインに本気でハマっていきます。これは今後、もっと知られるようになれば一億以上の資産を築くことも可能であると感じました。まさに第六感です。その後、コインチェックとビットバンクという仮想通貨取引所で口座を開設しました。5万前後の時期に2000万円ほどビットコインを購入し一時期は2017年12月終盤には10億位上に上昇しました。本当にビットコインは送金手段、通貨としては失敗したかもしれません。ただし、資産としてはデジタルの金貨のような存在になってきています。現在もビットコインと2017年8月にハードフォークして分裂したビットコインキャッシュを合わせて7億ほどの資産を保有しております。長所ばかりお話ししましたが、株式のように「特定口座」がない為、自分で確定申告しないといけないって短所があって嫌です。その点が少しでも改善されたらもっと儲かって、アベノミクス再開って感じです。

ビットコインは今後また盛り上がりが期待できます

200万円付近をピークに大幅に価格が急落し、一時期は100万円を割ってビットコインバブルは終了したと多くの方が感じているかもしれませんが、今後また盛り上がりが期待できると個人的には思っています。投機的な対象から少しずつですが社会で通貨として認知されてきており、実際にお店でビットコイン支払いが可能な店舗も登場しました。私の住んでいる地域ではまだビットコイン支払いが利用できる所はありませんが、数年後には電子マネーと同じように当たり前に利用できる未来も考えられます。最近は送金スピードや手数料の高さが問題となっていますが、これから実装されるライトニングネットワークにより問題も大幅に解消されると言われていますので、仮想通貨に興味をお持ちの方は取引所の登録だけでも早めに行って、ビットコインはもちろん他の仮想通貨の購入を是非検討してください。私は国内の取引所を中心に複数登録しており、ビットコインをメインに数種類の仮想通貨を保有しています。取引所によっては毎日ログインするだけでビットコインをプレゼントしてもらえる所もありますし、ポイントサイトなどで獲得したポイントをビットコインに換金できる仕組みなども登場していますので、自分のお金を使わなくてもビットコイン自体を手にすることは可能です。短期間で急激な上昇は見込めないかもしれませんが、数年単位で見るとまだまだ期待値は大きいので、ライバルが増える前に参入することをオススメします。

不思議な魔法の様なビットコインでこれから稼ぐには

私が初めてビットコインというものを知ったのは、数年前でした。数年前という曖昧な記憶の通り、当時は全く興味がありませんでした。ただ、その曖昧な記憶の中でも、胡散臭いと強く感じた事はハッキリと覚えています。それが、数年後の現在では、テレビやニュースで目にしない日が無い程の人気振り。。

つくづく、将来の事は誰にも分らないなと感じました。

あるテレビでは、一見普通の20代の若者2,3人がビットコインや仮想通貨で億単位で儲かっていると。。

多い人では10億単位で儲かっていると。。その余裕からなのか、かなり精神的にゆとりが有り、楽しそうにお酒を飲んでいる姿が放送されていました。そりゃ、一気に10億単位で儲かれば、それだけでサラリーマンの生涯給与を超えるわけですから、人生楽しく自由になるのは当たり前です。

それに触発されたのと、元々ミーハーなので、あまりの人気振りに私もつい先日、仮想通貨取引口座の開設をしてしまいました。。そこから、改めてビットコインや仮想通貨について一から調べなおしましたが、まず一番に思ったのが、一番初めのビットコインが出始めの時に多くのビットコインを買っておけば良かった。。そりゃ当然ですよね。。チャートを見るとその事が一目瞭然でした。

折角、私も取引が出来る様になりましたが、初めの頃からピークまで値上がり率を見ると、戦意喪失してしまいました。今ではもうその値上がり率を期待する事が出来ない為、ビットコイン取得金額で勝負しようと考え、貯金に励んでいます。

ビットコイン購入後の状況とこれからの仮想通貨投資について

私は現在、ビットコインを二か所の仮想通貨取引所で保有しています。

最初に購入した時は、ビットコインの価格が一気に上がった後の「暴落時」に買いました。

かなり暴落した時だったので今後は上昇することを期待していたのですが、結局価格はその後また下落していきました。

前の取引所よりも手数料負担の軽い別の取引所にも、口座開設をしました。

1ビットが90万円台になった時に、その取引所でビットコインの買い増しをしました。

ビットコインは何と言っても基軸通貨ですので、その時点では他の仮想通貨のことは選択肢に入っていませんでした。

しかしビットコインの価格はさらに低下し不安だったのですが、少ししてまた価格が100万円を越えてきました。

最初の取引所のビットコインはまだ含み損を抱えていますが、次の取引所で買ったビットコインはプラスの収益が出ています。

仮想通貨は保有したままにして、今後のさらなる値上がりを辛抱強く待とうと思っています。

最近はビットコイン以外の他の仮想通貨にも興味を持ち、かなり有望な通貨もあることを知って、他の通貨も購入しています。

今はビットコインの価格が上がれば他の通貨の価格も上がり、下がれば他の通貨も下がるという相関関係になっていますが、今後は通貨全体の値動きに関わらず現状維持や上昇するような通貨も出てくるのではないかと思っています。

いずれにしても、仮想通貨全体の取引量はこれからもどんどん増えていくものと考えており、無理をしない範囲で投資を続けたいと思います。

ビットコインは停滞のち、再度高騰すると思われる

昨年、一気に価格を上昇させ、話題になったビットコイン。ネムコインの流失などでも話題になりました。その流失問題の後、価格が下がりました。アルトコイン含め、どのコインも半分以下の値段になりました。それ以降、大きな価格上昇は見られませんが、少しずつ値を戻しつつあります。リップルも2倍以上の値段になるなど、勢いを取り戻しつつあります。どうしても利用する目的よりも投資目的の方が多いため、価格の変動が大きくなっています。これから投資を考える方もまだまだいらっしゃるでしょう。私もそのうちの1人です。私はこの後、まだビットコインをはじめとする仮想通貨の値段は上がると考えています。その根拠は二つあります。1つ目はこれから利用する人がまだまだ増えていくと予想されること。もちろん話題になったことでかなり利用者が増えているのは事実ですが、それでもアカウントをつくったり、口座を開設したりするところまでで、実際に取引を始めた人は少ないのではないかと思います。その人たちが取引を始めることで、価格が上昇するのではないかと考えるからです。

二つ目は大手企業や銀行が参入・導入に乗り出していることです。使える機会が増えれば、使用する人も増えるでしょうし、そうすれば取引両もさらに増えると予想されます。また大手企業や銀行が参入・導入することで、信用性がますので、使用する人が増えていくと考えています。なので、まだ購入を迷っている人も遅くはないと思います。未来のために投資を決断してみてはいかがでしょうか?

ビットコインが倍のとき利確して思ったこと

ビットコインのことをよく耳にするようになった去年、私は一切分かりませんでしたのであまり興味を持ってませんでした。だけどCMとかニュース見てるとやたらと目につくビットコインなだけにどんなのか調べてみたんです。まあ株みたいなものかなと判断してたんですけど初心者でも手軽にできる株ということを知り合いから聞いて色々と教えてもらってからビットコインをやってみようと思いました。初めては何かと緊張するもので、何をどうやるべきか知り合いに教わりつつ後は自己責任でビットコインを購入してみたんです。

ただそれでもビットコインを購入したときとても緊張したし本当に大丈夫なのと半信半疑は拭いきれませんでした。そんなある日ビットコインが大変なことになってるという情報を知り利用してるサイトを見たら跳ね上がってたんです。これにはビックリしてそのときついつい利確してしまったんです。当時のビットコインは60万の上げを記録しておりそれだけでも凄いぞと言われてました。そこから急激に100万台に突入してさらにそこから20万も上がったんです。

つまり私が購入したときの倍になってたんです。それでつい利確してしまったんです。お陰様で倍にすることができたのは嬉しかったんですけど人間て本当に良くの塊なのかあのとき利確しなければもっと上がってたのにって後悔ばかりしています。今現在はまた100万台の頃にビットコインを購入していつかくる信じられない額を夢見て放置しております。

ビットコインはこれからの将来性に少し期待できる

想通貨ブームの影響で仮想通貨の価値は一時爆発的に高まりましたが、コインチェックの騒動があって一気にトーンダウンしてしまいました。たとえば仮想通貨の1つであるモナコインも価値は急落、状況は一変したといっても決して過言ではありません。

ただ、そんな中でも比較的堅調な相場となっているのが、ビットコインです。もちろんそれなりに上下動はしていますが、なんとかまた持ち直しているように感じます。仮想通貨の存在は人々に知れ渡っているとまだまだ言い難いですが、そんな仮想通貨の中でも抜群の知名度を誇るのがビットコインです。コインチェックの騒動があって「仮想通貨に手を出すのはまだ先送りしておこうかな」と思った人は多いのかもしれませんが、その反面「ビットコインなら大丈夫なのかもしれない」ととらえられているのかもしれません。

ある意味今ぐらいから投資しておけば、長期保有することで利益を出せる可能性はあります。仮想通貨はまだまだ未知の投資対象だけにどう転ぶかわからない不安定さはありますが、今のネット社会をかんがみるとこれからどんどん浸透していくことも十分考えられます。それなら仮想通貨の代表的な存在であるビットコインに今からある程度投資しておき、これから先の爆上がりに期待をかけるというのも投資の考え方としてあって良いはずです。

ビットコインを買っておけば安心だとはさすがに言い切れませんが、将来性に期待して少し持っておくのも悪くないです。

ビットコインは長期視野を持って運用しよう

私の周りにもビットコインで運用をしている人がたくさんいます。彼らの多くは短期的に運用をすることを考えているようでスマホを見ては相場が上がった、下がったと喜んでいます。中にはかなりのお金をつぎ込んでいるのか仕事が全然手につかないという人すらいます。ビットコインは値動きが激しいため、1日単位での相場の変化を気にしてしまう人には向かない投資先だと思います。ビットコインの中核技術であるブロックチェーンは将来的に広く社会に受け入れられる技術だと思います。今は仮想通貨として多くの人が投資をしていますが、私はビットコインを含むブロックチェーンはインフラとして社会に深く浸透していくものと思っています。インフラとして普及した際には今の相場よりも大幅に価額は上昇します。そのため私はビットコインを短期的な投資としてではなく長期的な投資対象としています。従い、毎日の相場の変動は全く見ていません。むしろ、相場が大幅に下がった時などは新たにビットコインを買うチャンスだと思っているくらいです。ビットコインを長期的な投資先と考えている人は、少なくとも大きな発展をするまであと2年くらいの時間を要するとの意見をしている人もたくさんいます。毎日の値動きで儲けを考えている人はビットコインよりも株などの方が堅実な値動きをしますのでそちらの方が良いのではないでしょうか。私がオススメしたいのは余剰資金をビットコインに投資し2年くらいじっくりと運用をするといった投資スタイルを貫くことです。